頭巾

防災頭巾というのは、防空頭巾が元になっていると言われていますが、これは頭を守るための防災グッズです。


防災グッズとして販売されている防災頭巾は、長方形の袋のような形に綿などを入れて作って、頭にかぶると、上から何か飛んできたときに、頭を怪我しないようにすることを目的にしています。


防災頭巾は座布団として普段は使っていて、そして万が一の時には防災頭巾に変身するタイプのものが重宝されています。


火災などにも使えるようにということで、燃えにくい繊維などを使って作られていることがあります。


火災の際に防災頭巾をかぶるという場合には、水を含ませてから使うといいと言われています。


防災頭巾は、固いものが上から落ちてくるとそれほどの効果はありません。


やはりヘルメットに比べると、布でできているので、固いものが当たると痛みは感じます。


ですが、ヘルメットを普段から用意しておくことは難しいですが、座布団にして近くに置いておけるということがメリットとなり、防災グッズとして活用されています。


日本で防災頭巾が使われ始めるようになったのは、1970年頃からだと言われているのですが、今も座布団代わりに防災頭巾を用意して、常に防災に関して関心を高めているという特徴があります。


小学校などの子供がいる施設以外でも、国会議事堂でも、議員の席の下には、防災頭巾が常に用意されているので、万が一に備えられていると言われています。


頭を保護しながら逃げたり避難するのに良いでしょう。

posted by 防犯・防災本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | マンション住宅
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29253937
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック