タワーマンション

タワーマンションは超高層マンションのことを言うのです。

今各地でタワーマンションがどんどん分譲されているのですが、どこも20階建以上の高さでビルやタワーのようになっていることからタワーマンションと呼ばれているのです。

高さ60メートル以上のものが一般的であるのです。

タワーマンションは今までのマンションに比べるとやっぱり高さが圧倒的に高いことが特徴であるのです。

タワーマンションを建設するにあたっては特に法律で規制されているということはないのですが、京都などの美観地域などに指定されている都市では高さ制限されている時があるのです。

近頃は全国各地でタワーマンションの建設が流行しているのです。

中には商業施設が入っているものやビジネス街、また医療施設や銀行などの金融機関が入っているタワーマンションがあるのですから大変便利であるのです。

スポーツジムや託児施設なども併設しているタワーマンションなども増えているのですから、ただのマンションというだけの機能だけでなく様々な機能があるタワーマンションが増えているのです。

今全国でいちばん高いとされているタワーマンションは地上54階建てで高さが200メートル以上にもなる大阪にあるクロスタワー大阪ベイという場所であるのです。

その次に東京にあるTHETOKYOTOWRSという58階建てで193メートルのタワーマンションが高いといわれているのです。

タワーマンションと言えば六本木ヒルズも有名であるのですが、意外にも高さ的には全国の30位位にランクインしているのですから、そのた高いマンションはたくさんあるのです。
posted by 防犯・防災本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | マンション住宅