ゲート

防犯ゲートという言葉は、あまり耳馴染みがないかもしれませんが、見たことがある人がほとんどです。


防犯ゲートは、店舗の出入り口に設置されているゲートで、セキュリティーゲートとも言われています。


商品にタグが付けられていて、タグと連動して、レジを通っていない商品や、タグが付けられたままの商品を持って、防犯ゲートの外に出ようと思うと、ブザーが鳴ったりして、知らせてくれるというものです。


これは万引き防止につながるとして、多くの店舗で採用されている防犯対策の一つです。


防犯ゲートを設置するメリットは、万引きなどの防止と、商品ロスの削減にもつながります。


そして防犯モラルをアップさせることも可能で、防犯ゲートが設置してあるということだけで、防犯に対する意識も変わってくるものです。


防犯ゲートを設置してあることで、万引きに気を配ることもありませんので、その点従業員の負担を軽減させることができるという働きもあります。


このように多くの店舗では今、防犯ゲートは普通に設置されており、商品のセキュリティーラベルやセキュリティータグの取り付けも行われていることが一般的です。


店舗の中には、高額商品にだけ、セキュリティータグを取り付けて管理しているということもあります。


万引きや不正行為を防止するということは、お店にとってはかなり大変で負担となることですが、防犯ゲートを設置することによって、それを未然にスムーズに防ぐことが出来るようになります。

posted by 防犯・防災本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 防犯・防災・震災