マップ

防災マップというのは、それぞれの自治体ごと、地域ごとに作成されていると思いますが、台風や大雨、津波などが来た場合に、災害が起きると予測されている場所や避難所などの位置を防災マップに記しているものです。


防災マップを見れば、一目で、災害に合いそうな場所がわかりますし、避難所の場所もわかりますから、とても役に立ちます。


例えば地震が起きる場合にも、どこが一番この地域の中で危険なのかということなども、書かれている防災マップもありますから、自分の身を守るのにとても役に立つ地図です。


災害はいつ発生するかわかりませんし、どこで発生するかもわかりません。


防災マップに書いてある地域以外で遭遇することもあると思いますし、他府県から来ている人が自分の住んでいる県以外で災害に合うこともあるのです。


ですから、防災マップを公共の場所で、人がよく目にする場所に貼っておくことで、誰が見ても、その土地のことを知らない人が見ても、一目で災害の危険性の高い場所がどこなのか知ることができます。


防災マップの使い方としては、まずはマップを手に入れることから始まります。


そして防災マップを見て、どの地域が危険なのか覚えておきましょう。


避難所に関しても、一番近い避難所がどこなのか確認しておきます。


災害によって危険部分は違ってきますから、そのことについても、よく確認しておきましょう。


自分の家と、危険部分や避難場所との位置関係を把握することも大切です。

posted by 防犯・防災本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 防犯・防災・震災