管理者講習

防災管理者講習という講習があります。


この講習会を受けることで、防災管理者として資格を取得することができます。


防災管理者というのは、そもそもどんな資格を持った人のことを言うのかというと、学校や病院といった施設、工場が会社、お店やデパートなど、ひとの出入りが多い場所で働いていたり、住んでいるという建物で、大きな建物の場合には、管理権限者が棒愛管理者を選んで、防災管理上必要な仕事を任せることになっています。


ですから防災管理者講習は、防災管理者としての知識などを見につけるために必要な資格を取るための講習会です。


消防法によって決められていますし、消防法によってこの講習会も行われています。


防災管理者講習は、受講するまでに手続きが必要です。


申込書はインターネット上でもダウンロードできますが、防火協会のホームページからダウンロードしましょう。


そして必要事項を書いてから申込書を提出します。


防災管理者講習の講習にかかる日程は、1日になっています。


1日で講習会を受けられて、資格をすぐに取得することができます。


大きな施設で働いているという場合には、必ずこの、防災管理者の資格を持っている人がいるということは義務付けられています。


講習を社員に順番に受けさせに行く会社などもありますから、会社負担で無料で防災管理者講習を受けられるというケースもあります。


万が一に備えて防災管理を徹底するために、防災管理者講習を社員に受けさせることは、大切なことです。

posted by 防犯・防災本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 防犯・防災・震災