訓練

防災訓練は、小学校などでは定期的に行われているのですが、なかなかそれ以外の場所で防災訓練に参加する機会というのはとても減ってきています。


災害というのは、忘れた頃にやってきますから、できれば防災訓練には定期的に参加しておくことが大切です。


防災訓練の必要性というのは、万が一災害が起きてしまったときでも、慌てずに冷静に、対処することができるために、訓練しておくことを目的としています。


もしも防災訓練に参加していなければ、やはり万が一の時には、パニックになったり、何をすればいいのかわからなくて困るという人が出てくると思います。


防災訓練は、各自治体でも定期的に行われています。


市民新聞などでも防災訓練に関する告知などが行われていますから、防災訓練に積極的に参加するようにして、できるだけ、災害が起きた時に慌てなくてもいいように、普段から練習をしておくことが大切です。


万が一に備えて、落ち着いて対処できることも大切ですが、自分だけの事だけではなく、周りの人との協力という面でも、どうやって対処していけば良いのかということに関しても、防災訓練に参加することで知ることになります。


災害は忘れたころに来ると言いますが、普段から、しっかりと防災に関して関心を持ち、人事と思わないで、積極的に防災訓練に参加して万が一に備えるということが、大人から子供まで、すべての人に対して言えることになるのではないでしょうか。


防災訓練はとても大切です。

posted by 防犯・防災本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 防犯・防災・震災