グッズ

防災グッズは何かあったときに備えて用意しておかなくてはいけません。


防災グッズを用意している人というのは、阪神淡路大震災以降はとても増えたと言われています。


やはりそれだけ防災に関して関心を持つ人が増えたことになります。


防災グッズを用意する場合のポイントとしては、何かあった場合に、困らないものを用意しておくということが大切です。


たとえば防災グッズとして必要なものは、冬に万が一の事が起きるという場合には、寒さ対策のためのグッズが必要です。


暑さ対策も必要ですが、やはり寒さ対策として防災グッズとして防寒シートなどを用意しておくことは大切なことです。


防災グッズを用意する場合に、非常食も必ず用意しておく必要があります。


非常食は常に用意しておいた方がいいでしょう。


万が一の時に一番困るのが食料や水です。


防災グッズを用意しようと思っているのであれば、簡易の非常食や水の用意をするようにしましょう。


多くの人が防災グッズを用意しなければいけないと思ってはいるのですが、ついつい普通に生活をしてしまうと忘れてしまいます。


そしてそれだけでなく、せっかく用意していても、防災グッズの中身の点検を定期的に行わない人もいます。


せっかく防災グッズを用意しているのに、いざというときに、中の非常食の消費期限が過ぎていては、何のために防災グッズを用意しているのかわかりません。


ですから、防災グッズをせっかく用意するのですから、定期的に見直すことが必要です。

posted by 防犯・防災本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 防犯・防災・震災