非常備蓄品

震災の時に便利な非常備蓄品の紹介です。


一般的には一人当たり3日分は食料品などを用意しておく必要があるといわれています。


食糧はすぐに食べられるものを用意しておきます。


水で食べられるご飯などもありますし、乾パンなどが便利です。1人当たり3日分は食べられるような分量を用意しておきましょう。


そして震災によって停電が起きる可能性もありますから停電したときに備えて懐中電灯を用意しておいた方がいいですし、ローソクなどもあるといいでしょう。


ローソクと一緒にマッチやライターも忘れずに用意しておきましょう。ローソクは手で持たなくても大丈夫なように倒れないようなものを用意しましょう。


ガスがもしも震災で止まってしまった場合に困らないためにもガスコンロを用意しておくといいでしょう。


ガスコンロは家にあっても、肝心のカセットボンベがないという人がいますから買い置きをストックしておきましょう。


震災が起きた場合には電気、水道、ガスが止まる可能性が高いですから断水してしまったときに備えて、ポリ容器に飲料水を用意しておくということも大切なことです。


目安としては1人につき1日3リットルくらいは必要だといわれています。


このように震災が起きて家の中でしばらく電気やガス、水道などが使えないような場合でも生活を続けていけるようにするた目には日々の非常備蓄品を用意しておくということが大切になってきますから備えあれば憂いなしですから用意しておきましょう。

posted by 防犯・防災本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 防犯・防災・震災