転倒落下防止

震災の際に怖いのが転倒や落下の可能性があるということです。


家具が色々とあるという家では特に家具の転倒や落下については考えていかなければいけません。


震災での家具の転倒を防止する際には転倒防止金具というものが販売されていますから、転倒防止金具を取り付けて、転倒しにくいように日頃からセットしておくことが大切です。


そして台所に置いてあるサイドボードや食器棚、窓といったガラスの部分にはガラスが震災の影響を受けて割れないようにするためにもガラス飛散防止のフィルムをはっておくなどの工夫が必要です。


他にも本棚などは重いものを下に収納していくことで上が重くて上から転倒することを防ぐことができます。


食器棚の中に入っているガラスなどが震災の揺れで滑って出てこないように、食器棚に直接食器類を置くのではなくて震災の際に滑らないマットなども販売されていますからそちらを利用すると揺れが来ても安心です。


震災が起きてしまったときにサイドボードや食器棚からいろいろなものが飛び出して来てわれると、それも大変ですし、食器棚ごと倒れて下敷きになるというようなことになればさらに大変です。


そして食器棚からものが落ちてきてあたったり、割れた物を踏んでけがをすることにもつながりますから、震災の際に転倒や落下しないようにするためにも先ほどあげたポイントについては最低限対策として日々しっかりとしておかなくてはいけません。

日々の対策が安全につながります。

posted by 防犯・防災本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 防犯・防災・震災