防犯パトロール

防犯パトロールは警視庁が行っているパトロールもありますし、各町内会が実施しているような防犯パトロールもあります。


防犯パトロールをすることの目的としては犯罪式を高く持っていることで犯罪者の犯罪を未然に防ぐことができるという効果があります。


犯罪者も、誰も犯罪に対して関心を寄せていないとなればかなり堂々と犯罪を起こしてしまうという可能性はあると思います。


しかし犯罪パトロールをして常に犯罪に対して目を光らせているというような意識を持っていることで、犯罪がいつ見つかるかわからないという精神的状況に追い込まれると思います。


ですから犯罪パトロールは犯罪を発生することを未然に防ぐための大きな役割があることになるのです。


犯罪パトロールを実施している警察署などでは小学生の下校時間帯に合わせて歩いてパトロールをしているというケースもありますし、また、ミニパトなどに乗って周辺をパトロールしているというケースもありますからいろいろです。


犯罪に対して常に関心を寄せて自主的に犯罪を防ぎたいと考えて町内会ごとに犯罪パトロールを実施しているところもあります。


たかがパトロールと思う人も中にはいるかもしれませんが、たかがパトロールではなくて、パトロール一つ行うだけで犯罪件数を減らすことができるということになりますから、これはかなり効果の高い犯罪防止につながり防犯パトロールをする意味は高いでしょう。


市民一丸となって防犯パトロールはするべきです。

posted by 防犯・防災本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 防犯・防災・震災