防犯整備士

防犯整備士とは、警察庁が管轄している日本防犯設備協会が専門の教育や指導を行って認定試験を実施して合格をした人だけがもつことができる資格です。


防犯設備士の資格というのはどのようなものなのかというと、今防犯に対して色々と商品を選び、いろいろと対策を練っているという人は多いのですが、実は間違っているというケースも少なくありません。


間違った場所に取り付けているということもよくあるのですが、そうなるとどうしても意味がないのものなってしまいます。


防犯設備士というのは正しい防犯グッズを選ぶ人であり、正しく防犯器具などを設置するにあたってアドバイスをしたりするというのが仕事です。


具体的に防犯設備士が行っている仕事としては、防犯診断を行います。


過去にあった犯罪の手口などを研究したうえで専門家の立場に立ってアドバイスをするのです。


そして防犯システムを自らが設計するという立場にもあります。


防犯設備といっても色々な種類がいま販売されていますから、それぞれの種類に合わせた防犯診断をしながら作っていくのです。


そして防犯設備を施工するという仕事やメンテナンスの仕事も行います。


警察としても犯罪防止のために防犯設備士には期待を多く寄せていますから、警察が行う地域の防犯対策活動などにも参加して地域の人に呼び掛けるというような仕事もあります。


防犯設備はつけて終わりということではなくて、取り付けを正しく行わなければ意味がないので防犯設備士にアドバイスしてもらうのがいいのです。

posted by 防犯・防災本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 防犯・防災・震災