防犯ガラス

防犯ガラスはとても犯罪を防ぐことに役立つといわれています。


なぜなら、空き巣などが戸建住宅に侵入する際には侵入する場所として一番多いのが窓だといわれているのです。


窓からの侵入が多いといわれいますから防犯を考えるのであれば、窓ガラスを強化することになります。


泥棒が空き巣に入る6割が窓ガラスを狙っているといわれています。


特に戸建ての住宅の侵入経路として多いとされているのが窓ガラスです。


ガラスを割って入るというケースが一番多く、このガラス破りの手口で入ってくる空き巣が多いのです。


世情をしていてもガラスを破られると防ぎようがありません。


そこで便利なのが防犯ガラスです。


防犯ガラスというのは通常のガラスとは違っています。


いろいろな種類の防犯ガラスがあるのですが、たとえばガラスの内部に特殊なフィルターが入っていて、ガラスをたたいても割れないようになっているものがあります。


ガラスを割ろうとしてたたいても、一向に割れずにただひびが入るだけということになります。


ガラスの破片も飛び散りません。


防犯ガラスとしてはほかにもガラスの間に針金が入っているようなタイプがあります。


こちらも、先ほどのフィルムがついている防犯ガラスと一緒で、ガラス部分は割れますが、針金がとおしてありますからガラスが割れないことになっているので空き巣などから家を守ることができます。


最近は防犯ガラスとしてとりつけられているガラスにシートを貼るだけのタイプも販売されています。

posted by 防犯・防災本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 防犯・防災・震災