玄関

防犯を考える場合には、玄関の防犯には力を入れたいところです。


なぜなら、玄関からの侵入が、実は空き巣の侵入の5割以上を占めていると言われています。


空き巣にあった人の統計をみてみると、5割以上の人が、玄関から侵入されているのです。


空き巣に入られるだけでなく、もしかすると訪問販売員やセールスマンが入ってくることもあるかもしれません。


玄関は一番防犯対策をしておくべき場所なのです。


玄関でうっかり鍵を閉め忘れたとか、鍵を開けたまま、外で立ち話をしているということはよくある話です。


そんな少しの隙を狙って、空き巣は入ってきますから、しっかり防犯対策をしなければいけません。


防犯対策として玄関でできることの一つ目としては、ドアの鍵以外に、補助錠も付けていることが安心です。


例えば、空き巣が侵入しようとしている時に、二つ施錠してあれば、侵入までに時間がかかりますから、すぐに入ってくることはできません。


簡単なシリンダー錠でもいいので、つけておいた方がいいでしょう。


他にも、最近は数字を合わせるタイプのものや、磁気カードで施錠するようなものなども重宝しています。


玄関の防犯を考えた時には、こじ開けられないようにするための、ガードプレートも取り付けておくと安心です。


またセールスマンや悪徳訪問販売員への防犯対策としては、チェーンをつけて対応するというのがいいかもしれません。


インターホンにカメラをつけて確認してからドアを開けることも、防犯対策につながります。

posted by 防犯・防災本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 防犯・防災・震災